メッセージを検索する

Typetalk では、過去に投稿されたメッセージを検索することができます。これにより、重要なメッセージや情報を簡単に検索することができます。

検索方法

  1. 画面の右上にある虫眼鏡ボタンをクリックします。
  2. 検索したいキーワードを"検索"ボックスに入力してエンターキーを押します。検索結果が、キーワードや検索条件に応じて表示されます。

search_ja.png

Tips: 自分宛の通知を検索する

自分のユニーク ID でキーワード検索すると自分宛ての通知を検索できます。
例) @tdog

検索条件

検索条件を活用することで検索結果を絞り込むことができます。

トピック・DM

検索したいトピックやDMを選択してください。すべてを選択することで、参加しているトピックおよび DM から検索できます。

投稿者

メッセージを投稿したユーザーがわかっている場合は、特定のメンバーを選択することで検索を絞り込むことができます。"ボットを含めない"を有効にすることで、メンバーが投稿したメッセージのみを検索することができます。

添付ファイル

“添付ファイル”アイコンのチェックボックスにチェックを入れることで、ファイルが添付されているメッセージのみを検索することができます。

開始日/終了日

開始日と終了日を指定して検索結果を絞り込むことができます。日付を指定しない場合は、組織内で最初に投稿されたメッセージから、組織内で最後に投稿されたメッセージまで検索します。

高度な検索

Typetalk は、高度な検索を行うための構文検索オプションをサポートしています。

複数キーワードによる AND 検索

AND 構文は、キーワード A とキーワード B を含む複数のキーワードの検索するのに役立ちます。これは一度にいくつかのキーワードを含めたい場合に便利です。

AND 検索を行うには、スペースキーでキーワードを区切ります。例えば、「社員総会」と「2020」キーワードの間にスペースを入れると、「社員総会」と「2020」に関連する検索結果が返ってきます。

例)社員総会 2020

区切り文字も検索対象にする

スペースを含めたキーワードを検索したい場合は、 " " (ダブルクォーテーション)で囲んで入力してください。この中に含まれるスペースは、区切り文字として扱われず、 AND 構文検索としても扱われません。

例)”iPhone X”

検索結果から特定のキーワードを除外する NOT 検索

特定のキーワードを検索から除外したい場合は、そのキーワードの前にハイフン (-)を付けます。これは、特定の単語や不要な結果を省略したい場合に便利です。

例) 会議 -経営