Backlog/Cacoo管理者向け導入ガイド

※こちらは、クラシックプランを除くBacklog(プランの確認方法はこちら)やCacooチームプランをご利用中の組織で、Typetalkを導入するためのガイドです。新しい組織で導入したい方は「新しい組織向け導入ガイド」をご覧ください。

1. はじめに

現在Backlog(クラシックプランを除く)やCacooチームプランをご利用中の方は、既にヌーラボアカウント組織も利用しています。その組織内でTypetalkを使い始めることができます。他製品と同様、Typetalkのトピックに参加できるのは、組織のメンバーのみとなります。Typetalkのトピックメンバーの設定に組織内のチームを利用することもできます。例えばBacklogのプロジェクトとTypetalkのトピックに、同じチームを設定しておくと、チームのメンバーを変更するだけで、BacklogのプロジェクトメンバーとTypetalkのトピックメンバーも変更されます。

プランについてはBacklogやCacooとは独立しています。ひとつでもTypetalkのトピックやDMに参加しているメンバーがカウントされます。例えばBacklogは100名で利用し、Typetalkは25名で利用する、といったことも可能です。このように複数の製品をご利用の場合、これらの支払いが一括で請求されます。

img_current-admin01_2x.png

2. 利用開始までの流れ

既存組織でTypetalkを始める流れを確認しましょう。(1)(2)の操作は、組織の管理者のみが可能です。

図:利用開始までの流れ

(1) プランを選ぶ

まず価格ページからプランを選びましょう。プランの制限の詳細についてはこちらもご確認ください。10名以上で試したい場合は、スタンダードプランの無料トライアルをおすすめします。スタンダードプランのドロップダウンから人数を選び、「30日間無料で試す」ボタンをクリックしましょう。

(2) 組織を選択

プランを選んだあと、サインアップ画面が表示された場合は、メールアドレスを入力し、「ここからログイン」を入力してください。

スクリーンショット:サインアップ画面

その後組織の選択画面が表示されますので、Typetalkの利用を開始したい組織を選んでください。

スクリーンショット:組織の選択画面

(3) チャット開始

組織の選択が完了したら、いよいよチャットの画面が表示されます。「Typetalkにようこそ」トピックを確認してみましょう。また、組織が作られたときに自動で作られるチームにあなたが所属している場合、そのチームで共有された2つの「組織名+全体」「雑談トピック」というトピックが作られます。このトピックがある場合は、このチームのメンバーに既にメールが送られているので、受け取った人がメールを開くと、すぐにチャットが始められます。

下の画面はトピックメンバーが2人で、現在オンライン中のユーザーも2人であることを示しています。こんなふうになれば、2人共オンラインでチャットがはじめられます。話しかけてみましょう!チャットの基本的な機能は、基本機能ガイドをご確認ください。

スクリーンショット:チャット画面のヘッダー トピックメンバーが2人で、現在オンライン中のユーザーも2人

(4) トピックを作成

(3)の段階で自動でトピックが作られなかった場合、または違うメンバーでチャットを始めたい場合は、新たにトピックを作ってみましょう。左サイドの上部の(+)アイコンをタップします(A)。トピック名を入力し(B)、トピックメンバーの追加の枠をクリックすると(C)、組織のチームとメンバーが表示されるので、そこからチャットを始めたいメンバーを選びましょう。その後トピック作成ボタンをクリックすると(D)、このメンバーにメールが送られます。受け取った人は、メールからTypetalkを開いてすぐにチャットが始められます。

スクリーンショット:トピック作成画面

(5) 正式登録

最初にスタンダードプランの30日間無料お試しを選んだ場合、30日以降も使い続けるためには、正式登録をする必要があります。詳しくはこちらの流れをご確認ください。現在BacklogやCacooの有料プランをご利用中の場合、その契約期限日と同一日となるため、1回目の支払いは日割計算されます。次回からは、他の製品とまとめて一括請求されます。

3. みんなに利用してもらうために

  • 気軽に投稿できるように「雑談トピック」のようなものも用意するとよいでしょう。気になったWeb上の記事などを率先して投稿し、他のメンバーの投稿があったら「いいね」してみましょう。
  • 他のメンバーにも、モバイル・デスクトップアプリケーションをインストールしてもらいましょう。通知が届きやすくなります。
  • 初期設定では、メンションを使うと相手にメールが届きます。慣れるまでは積極的に送ってみてもいいかもしれません。
  • 目的のわかりにくいトピック名は投稿しづらいものです。明確に名前をつけてみましょう。トピックには説明文も追加できるので、トピックの目的などを記載しておくと良いでしょう。